奈良の産婦人科・きよ女性クリニック
婦人科,産科,内科,病理診断科
奈良県奈良市石木町50-1
近鉄/学園前駅・西ノ京駅下車
きよ女性クリニックHOME»  診療や検査の詳細

診療や検査の詳細

婦人科

■婦人科癌検診
▽子宮頸癌検診
▽子宮体癌検診
▽卵巣癌検診
▽乳癌検診

■婦人科癌精密二次検診
▽コルポスコープ検診
▽子宮頚部組織診
▽ヒステロファイバースコープ検診
▽子宮内膜組織生検

■婦人科癌治療
▽LEEP(リープ)による子宮頚部円錐切除術
▽婦人科癌化学療法

■婦人科・産科疾患セカンドオピニオン外来

■一般婦人科検診

■不妊症
▽ホルモン異常検診
▽卵管造影・通水
▽排卵誘発

■更年期障害・骨粗しょう症
▽ホルモン補充療法

■思春期女性外来

■性病

 

婦人科の詳細

■子宮頸癌検診
癌の検診制度が整備されて以来、婦人科癌のうち、子宮頸癌で亡くなる女性の数は年々減少していますが、発症率が低下しているわけではありません。
子宮頚部の異常を発見し、早期に治療していることが効を奏していると考えられます。残念ながら、癌の進行した状態で発見される患者さんのほとんどは子宮頸癌検診を長らく受けておなれなかった、と思われます。現在、子宮頸癌検診が必要と考えられる年齢の女性のうち、実際に婦人科を受診されるかたは全体の20%未満です。検診によって死亡率を更に低下させるためには、統計学的に60%以上のかたが受診されることが必要だと考えられています。

■子宮体癌検診
欧米に比較し、日本では乳癌と子宮体癌の発症は低い傾向にありましたが、近年、著しく増加しています。生活様式の欧米化と高脂肪化の食事、初産年齢の高齢化、また環境汚染物質などの影響が考慮されますが、原因は明らかになっていません。特に子宮体癌は、前癌状態で発見するためには精密な検診標本の採取と観察が要求されます。細胞の検査で異常が疑われた場合は、積極的に二次検診を受けることが必要です。

■卵巣癌検診
子宮体癌と同様に発症率・死亡率ともに増加傾向にあります。早期癌では腹痛・出血といった自覚症状に乏しく、婦人科検診を受けない限り発見は困難です。抗癌剤による治療成績も向上していますが、超音波検査・腫瘍マーカー検査を併用した早期発見が長期生存の第一条件です。

■乳癌検診
欧米に比較し、日本では乳癌の発症は低い傾向にありましたが、近年、著しく増加しています。生活様式の欧米化と高脂肪化の食事、初産年齢の高齢化、また環境汚染物質などの影響など、高エストロゲン環境が発癌に関係することが証明されています。
触診、超音波検査(乳癌検診用の特殊なプローブが必要です)、およびマンモグラフィーを用いて早期癌の発見が可能で、適切な治療の組み合わせで治癒が期待できます。

■子宮頸癌二次検診システム
子宮頚部の細胞の検査で異常が発見された場合、その異常の内容を確認し治療の必要性の有無を決定するために組織検査が必要となります。
コルポスコープ(腟拡大鏡)で異常の部位を発見し、組織生検標本を採取します。この病理検査の結果、最終診断が決定されます。外来受診(予約制)で可能な検査ですが、検査後の多少の出血があるため、出血が止まるまで観察室で休んでいただきます。

■子宮体癌二次検診システム
子宮体部細胞診で異常が発見された場合、その異常の内容を確認し治療の必要性の有無を決定するために組織検査が必要となります。ヒステロファイバースコープ(子宮内視鏡)での観察と超音波検査の後、子宮内膜を採取します。採取された組織は全包埋標本作製法(当院独自の検査法です。)で病理標本を作製し、最終診断が決定されます。外来受診(予約制)で可能な検査ですが、検査後の多少の出血があるため、出血が止まるまで観察室で休んでいただきます。

■LEEPによる子宮頚部癌治療
子宮頚部異形成上皮と子宮頚部早期癌が対象となります。コルポスコープで病変の分布を確認後、電極メスで最小に切除します。切除した標本の病理組織検査を行い、完全に切除できたかを確認します。早期癌までであれば十分な治療成績をあげることが確認されています。日帰り手術(予約制)が可能ですが、検査後の多少の出血があるため、出血が止まるまで観察室で休んでいただきます。

■セカンドオピニオン外来
婦人科・産科疾患に関して、いずれかの病院で受けた診断や治療方針についての医学的評価を行います。当院内での医師集団で対処できない場合はそれぞれの疾患に精通した専門医のネットワークを介して、充分な情報の収集が可能です。特に、婦人科腫瘍に関するセカンドオピニオンは、米国臨床腫瘍学会のアクティブ・メンバーを中心とするディスカッションをもとに作製いたします。

■一般婦人科検診
婦人科でもっとも頻繁に指摘される疾患には子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、卵管炎や骨盤腹膜炎などの感染症などがあります。
手術が必要なもの、また薬物療法で対応可能なものなどさまざまですが、超音波検査、CTやMRIなどの画像検査を含めて正確な診断が必要です。基本的には良性の疾患が多いですが、質の高い日常生活を送るためには早期の発見と対応が重要です。

■不妊症外来
不妊症の原因の検索と治療を行います。
子宮卵管造影と卵管通水、また精液検査を行った後、排卵障害がある場合はホルモン剤による排卵誘発と性交のタイミング指導を行います。体外受精等の高度不妊治療が必要な方は、充分な治療成績の確認されている専門医をご紹介いたします。

■更年期障害・骨粗しょう症
更年期の各症状の緩和と、それ以降の骨鬆症の予防のための薬物療法を行います。症状によっては、ホルモン補充療法を行いますが、原則的にはSERM(選択的エストロゲンレセプター・モデュレーター)とビタミンDの併用を基本とし、漢方薬を併用いたします。血清および尿中の骨吸収マーカーの測定で効果を確認していきます。

■思春期女性外来
思春期のホルモン異常の検査と精神的なサポートを行います。

■性病
性病の検査と適確な治療および予防についてのサポートを行います。

 

産科(一般妊婦検診)

■妊娠初期
▽胎児の発育が確認されれば、4週間毎の検診です。
▽妊娠反応、経膣超音波検査、子宮癌検診を行います。
▽感染症と貧血の有無を目的に妊娠初期の血液検査を行います。

■妊娠中期
▽4週ごとの検診です。
▽内診による子宮口の観察と、超音波検査による胎児発育の観察および胎盤の異常を検査します。
▽経腹超音波検査によるビデオ撮影と3D超音波検査による記録を妊娠中期より開始します。

■妊娠後期(妊娠28週ー35週)
▽2週間ごとの検診です。
▽適宜、超音波検査を行います。
▽貧血、不規則抗体の検査、肝機能検査の血液検査を行います。
▽産道のクラミジア検査を行います。
▽胎児心拍数モニター(ノンストレステスト)を開始します。

36週以前に紹介状をお渡しし、提携先の分娩施設にご連絡いたします。

 

内科

地域のプライマリーケア医としての内科医療を行います。高脂血症、高血圧症等の慢性疾患の管理や、感冒、インフルエンザ、腸炎等の急性期疾患の治療にあたります。
精密検査が必要な場合は、専門性に定評のある、近隣の提携する内科、外科、小児科、耳鼻科、泌尿器専門医等を紹介いたします。

■プライマリーケア一般
▽慢性疾患管理
▽急性期疾患治療

■インフルエンザ予防注射

■住民基本検診