奈良の産婦人科・きよ女性クリニック
婦人科,産科,内科,病理診断科
奈良県奈良市石木町50-1
近鉄/学園前駅・西ノ京駅下車
きよ女性クリニックHOME»  イベント情報+プレスリリース

イベント情報+プレスリリース

当院がテレビ取材をうけました

今、テレビ、新聞などで問題となっている産婦人科の救急医療の事で、きよ女性クリニックは、テレビの取材をうけました。取材班は、NHK札幌放送の皆さんで、インタビューの方、カメラマン、音声さん、ディレクターの4名で来院されました。午後3時頃から、午後8時すぎまで、院長のインタビューをはじめ、救急外来の対応をするスタッフの様子、院長が愛妻弁当(?)をひっそりと食べているところなど、いろいろな角度からしっかりとカメラに納めていらっしゃいました。

取材班の皆さんは、このきよクリニックが
「周囲の環境と、大変良く溶けこんでいて、大病院では感じることのできない“クリニック”の温かみが、この場所にはあります」
という嬉しいコメントをいただきました。

院長はインタビューの中で、こういう内容の話をしていました。
「産婦人科の救急医療が問題になっていますが、地域が連携して一次救急を担当すれば、機関病院の重症患者の受け入れ枠が増え、より充実した医療体制がとれるのではないでしょうか。
1つのクリニックができることは、地域の皆さんが安心して生活できる為の小さなアクションではありますが、連携することになり大きな成果につながることを確信しております。」

実は、先日、朝のNHKのニュースで、一部分が全国放送されました。
院長もスタッフも見逃してしまいました。残念!!

 

ミニコンサート

クリニックでクロマチックハーモニカとバンジョーのミニコンサートを開催いたしました。

この日は爽やかな風と最高のお天気が味方してくれて、大勢の方々にお越しいただきました。
窓を全部開け放しテラスも庭も開放してのコンサートは、皆さんに喜んでいただけたようで何よりでした。

ハーモニカ奏者の木谷悦子さんとバンジョー奏者の吉崎ひろしさんとの出会いは今から2年前になるのですが、初めて聴いたその音色は強く心に残りました。
このクリニックを開院した頃、夕暮れ時にテラスから庭を眺めながら、『春になったら斜面いっぱいのつつじが満開の花を咲かせるこの場所で、患者さんを招待してあのハーモニカとバンジョーのコンサートができたらいいね。』と話していたことが実現できました。

お二人のすばらしい演奏と楽しいトーク、皆さんの表情が穏やかで本当に楽しそうだったのが更に会場の雰囲気を盛り上げてくれました。
演奏終了後、お茶と軽食をつまみながら余韻を楽しんでいただきました。スタッフ一同、皆さんの楽しそうなお顔を拝見して疲れも吹っ飛びました。

これからも楽しいことを考えていきたいと思っています。
そして、患者さんにとって安心して治療を受けられる環境作り、応対にスタッフ一同心掛けていきたいと思っております。